ダウンロード - Bitcoin

最新バージョン: 0.17.0.1 rss

オペレーティングシステムを選択

リリースの署名を検証
torrentのダウンロード
ソースコード
バージョン履歴を確認

Bitcoin Coreのリリース署名鍵 v0.11.0+ 01EA5486DE18A882D4C2684590C8019E36C2E964

ネットワーク帯域とディスクスペースをチェック

Bitcoin Coreは最初に約210GBのデータをダウンロードし、 さらに月々5-10GBデータが増加していきます。 デフォルトでは全てのデータを保存する必要がありますが、 pruningを有効にすると セキュリティを犠牲にすることなくデータサイズを合計6GBに抑えることができます。 Bitcoin Coreのセットアップの詳細については、フルノードガイドを参照してください。

ダウンロード後の検証

ダウンロード後の検証はオプションですが、強く推奨します。以下の行のいずれかをクリックすると、そのプラットフォームの検証手順が表示されます。

Windowsの検証手順
  1. 上記リストのリンクをクリックしてご使用のプラットフォーム用のリリースをダウンロードし、ファイルのダウンロードが完了するまで待ちます。

  2. 暗号チェックサムのリストをダウンロードします: SHA256SUMS.asc

  3. ターミナル(コマンドラインプロンプト)を開き、ダウンロードしたフォルダにディレクトリを変更(cd)します。例:

    cd %UserProfile%\Downloads
    
  4. 次のコマンドを実行してダウンロードしたファイルのチェックサムを生成します。 ファイル名 'bitcoin-0.17.0.1-win64-setup.exe' の部分を実際にダウンロードしたファイルの名前に置き換えてください。

    certUtil -hashfile bitcoin-0.17.0.1-win64-setup.exe SHA256
  5. 上記コマンドで生成されたチェックサムが、先程ダウンロードしたチェックサムファイルに 記載されているチェックサムのいずれかと一致することを確認します。 2つのチェックサムの全ての文字について一致しているかチェックすることをお勧めします。 次のコマンドを実行するとダウンロードしたチェックサムが表示されます:

    type SHA256SUMS.asc
  6. システムにまだGNU Privacy Guard (GPG)をインストールしていない場合は、 今すぐインストールするか他のインストールオプションを参照してください。

  7. 次のコマンドを実行してリリース署名鍵のコピーを入手します :

    C:\Program Files\Gnu\GnuPg\gpg.exe --recv-keys 01EA5486DE18A882D4C2684590C8019E36C2E964

    上記コマンドの出力では、1つの鍵がインポート、更新、新しい署名もしくは署名が変更されていないという内容が出力されなければなりません。

  8. チェックサムファイルがリリース署名鍵でPGP署名されていることを検証します:
    C:\Program Files\Gnu\GnuPg\gpg.exe --verify SHA256SUMS.asc
  9. 上記コマンドの出力から以下のテキストを確認します:

    1. 次のデータで始まる行: gpg: Good signature

    2. 次の完全な行: Primary key fingerprint: 01EA 5486 DE18 A882 D4C2  6845 90C8 019E 36C2 E964

    verifyコマンドの出力には”この鍵は信用できる署名で証明されていません”という 警告が含まれている場合があります。これは、ダウンロードしたデータを完全に検証するには、 上記の鍵の指紋がBitcoin Coreプロジェクトのリリース署名鍵に属することを信頼する人に 確認する必要があることを意味します。

MacOSの検証手順
  1. 上記リストのリンクをクリックしてご使用のプラットフォーム用のリリースをダウンロードし、ファイルのダウンロードが完了するまで待ちます。

  2. 暗号チェックサムのリストをダウンロードします: SHA256SUMS.asc

  3. ターミナル(コマンドラインプロンプト)を開き、ダウンロードしたフォルダにディレクトリを変更(cd)します。例:

    cd Downloads/
  4. 次のコマンドを使用し、リリースファイルのチェックサムがチェックサムファイルに記載されていることを検証します:

    shasum -a 256 --check SHA256SUMS.asc

    上記コマンドで生成される出力について, 警告や失敗は無視しても問題ありませんが、ダウンロードしたリリースファイルの名前の後ろに"OK"という出力があることを確認する必要があります。例: bitcoin-0.17.0.1-osx.dmg: OK

  5. システムにまだGNU Privacy Guard (GPG)をインストールしていない場合は、 今すぐインストールするか他のインストールオプションを参照してください。

  6. 次のコマンドを実行してリリース署名鍵のコピーを入手します :

    gpg --recv-keys 01EA5486DE18A882D4C2684590C8019E36C2E964

    上記コマンドの出力では、1つの鍵がインポート、更新、新しい署名もしくは署名が変更されていないという内容が出力されなければなりません。

  7. チェックサムファイルがリリース署名鍵でPGP署名されていることを検証します:
    gpg --verify SHA256SUMS.asc
  8. 上記コマンドの出力から以下のテキストを確認します:

    1. 次のデータで始まる行: gpg: Good signature

    2. 次の完全な行: Primary key fingerprint: 01EA 5486 DE18 A882 D4C2  6845 90C8 019E 36C2 E964

    verifyコマンドの出力には”この鍵は信用できる署名で証明されていません”という 警告が含まれている場合があります。これは、ダウンロードしたデータを完全に検証するには、 上記の鍵の指紋がBitcoin Coreプロジェクトのリリース署名鍵に属することを信頼する人に 確認する必要があることを意味します。

Linuxの検証手順 (Ubuntu PPAではない場合)
  1. 上記リストのリンクをクリックしてご使用のプラットフォーム用のリリースをダウンロードし、ファイルのダウンロードが完了するまで待ちます。

  2. 暗号チェックサムのリストをダウンロードします: SHA256SUMS.asc

  3. ターミナル(コマンドラインプロンプト)を開き、ダウンロードしたフォルダにディレクトリを変更(cd)します。例:

    cd Downloads/
  4. 次のコマンドを使用し、リリースファイルのチェックサムがチェックサムファイルに記載されていることを検証します:

    sha256sum --ignore-missing --check SHA256SUMS.asc

    上記コマンドで生成される出力について, 警告や失敗は無視しても問題ありませんが、ダウンロードしたリリースファイルの名前の後ろに"OK"という出力があることを確認する必要があります。例: bitcoin-0.17.0.1-x86_64-linux-gnu.tar.gz: OK

  5. 次のコマンドを実行してリリース署名鍵のコピーを入手します :

    gpg --recv-keys 01EA5486DE18A882D4C2684590C8019E36C2E964

    上記コマンドの出力では、1つの鍵がインポート、更新、新しい署名もしくは署名が変更されていないという内容が出力されなければなりません。

  6. チェックサムファイルがリリース署名鍵でPGP署名されていることを検証します:
    gpg --verify SHA256SUMS.asc
  7. 上記コマンドの出力から以下のテキストを確認します:

    1. 次のデータで始まる行: gpg: Good signature

    2. 次の完全な行: Primary key fingerprint: 01EA 5486 DE18 A882 D4C2  6845 90C8 019E 36C2 E964

    verifyコマンドの出力には”この鍵は信用できる署名で証明されていません”という 警告が含まれている場合があります。これは、ダウンロードしたデータを完全に検証するには、 上記の鍵の指紋がBitcoin Coreプロジェクトのリリース署名鍵に属することを信頼する人に 確認する必要があることを意味します。

Ubuntu PPAの検証手順

Ubuntu PPAは、このページに記載されている他のBitcoin Coreパケージと同じ 再現性のある方法で作成されていないため、Bitcoin Coreプロジェクトは Bitcoin Core Ubuntu PPAパッケージを検証するのに必要な情報を提供できません。 この状況はPPA自体にも記載されています:

"Launchpad/PPAオーナーへの信頼を制限するには、可能であれば、公式のバイナリを 使用することをお勧めします。"

再現可能なビルドによる追加検証

追加手順の実行を厭わない経験豊富なユーザーは、Bitcoin Coreの再現可能なビルドと それらのビルドを実行するコントリビューターによって生成された署名付きチェックサムを利用できます。

  • 再現可能なビルド によりBitcoin CoreのMITライセンスのソースコードのコピーを持つ人は、このWebサイトで 配布されているバイナリと同じバイナリを作成できます(作成したバイナリはこのWebサイトで 提供されているものと同じ暗号チェックサムを持ちます)。

  • 検証された再生成 は、上述のように同一のバイナリをそれぞれ独立して再生成する複数のBitcoin Coreの コントリビューターの結果です。これらのコントリビューターは彼らが生成するバイナリの チェックサムに暗号署名を行いそれを公開します。

あなたが信頼する何人かのコントリビューターがみんなリリースチェックサムファイルで 配布されているものと同じチェックサムに署名していることを確認すると、 前述の基本的な検証手順よりもさらに保証が得られます。 また、自分でバイナリを再生成することで、現在利用可能な最高レベルの保証が提供されます。 詳細はプロジェクトの trusted build process signaturesリポジトリを参照ください。.


Bitcoin Coreは、オープンソースのMITライセンスでリリースされたコミュニティ主導のフリーソフトウェアプロジェクトです。